うらなか雑記


◆創作絵文◆あやしいオリジナル作品販売 うらなか書房の運営サイト
◆創作絵文◆あやしいオリジナル作品販売

チョットあやしいTシャツや雑貨等販売。その他創作・アート関連のリンク集、アートフリマ情報など有。

うらなか書房とは……
あやしげなTシャツや雑貨、本などを作ったり売ったりする個人商店。
販売、展示、制作など、何か私どもが協力できそうなお話がありましたらお気軽にお声をおかけ下さい
(ただ、出展料金がかかるイベントへのお誘いはご遠慮ください)。

お問合せフォーム

この雑記では、うらなか書房の出展イベントのお知らせや、オススメのものなどを書いていくつもりです。

下記サイトでもうらなか書房作品の取り扱いがあります。是非ご覧ください。
      オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes
▼グッズが豊富▼▼Tシャツが豊富▼
Zazzle Tシャツトリニティ

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お支払方法、送料の変更 | main | WEB幽投稿怪談 >>

2008年夏の思ひ出〜ビーケーワン怪談大賞〜

皆さんは「ビーケーワン怪談大賞」なるものをご存知でしょうか。
読んで字の如く、オンライン書店ビーケーワンが主催している怪談大賞で、今年で6回目を迎えたそうです。
私めは今年初めてこれに応募してみました。

募集しているのは、800字(原稿用紙2枚)以内の怪談。
選考の模様によると、

投稿数
第6回(今年)……725作品(ひとり3作品まで投稿可)
第5回……663作品(ひとり5作品まで投稿可)
第4回……271作品(投稿作数の上限はなかったらしい)
第3回以前……不明(だが、第3回は第2回の倍以上の応募数だったらしい)

と、毎年人気が上昇しているようでした。第5回で応募数が跳ね上がっているのは、第4回までの傑作選てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選が2007年2月に出版されたからのようです。

私めは2作送ってみました。
猫じやれる
白い三角


募集期間中(6月初旬〜7月下旬)、「ビーケーワン怪談大賞」表紙から投稿フォームへのリンクが設置されていまして、そこから作品を送るシステムでした。送信してから数時間後にはもうアップされていたのでちょっと感動しました。
投稿作をこのようにweb上でブログのようにして読むことが出来るとは、とても画期的な賞だと思いました。

その他にも普通の文学賞ではあり得なさそう、と思った点がいくつかありまして、
●選考委員の方が投稿作全てに目を通してくれるらしい
●選考の模様がかなり詳しく公表される
●選考委員各々のベスト20・ベスト50が公表される
●自分もちょっと審査員の気分を味わえる
などです。

募集締切から1ヶ月ほどして受賞者が発表されました。
それから2、3日後に、選考の模様がアップされていました。
第6回ビーケーワン怪談大賞選考会議

どのようにして大賞や優秀賞が決まったのかという経緯や、各選考委員のベスト20およびベスト50を知ることが出来ます。
拙作は受賞はできなかったものの、選考委員のおひとりである福澤徹三さんが「白い三角」をベスト20にあげて下さっていたので、とても嬉しかったです。
受賞者だけですと、佳作だとかを含めても10人前後にしかなりませんが、ベスト50を発表して下さることによって、「自分の名前を見つけて喜べる人」の数は当然格段に増えます。これにより、来年また頑張ってみようかな、という気になる方が結構いるのではないでしょうか。この良心的な計らいが人気の理由なのかもしれません。


自分もちょっと審査員の気分を味わえる、というのは、選考委員のおひとりである東雅夫さんの幻妖ブックブログに、「私のベスト5」を投稿することが出来るのです。
【公募】今年もやります!「私のベスト5」
応募作を読んで、特に感銘を受けた作品・高く評価する作品を5編選んで、コメント欄に投稿するのですね。
私も725作品! 読んで送ってみました。
選ぶ際、題名、作者のお名前、○、○△、△、△×、×……などという評価と、ちょっとした感想を白紙の用紙に書きとめていったのですが、後で見直して、半分以上○や○△だった気がします。でもう一度○、○△のものをざっと読み返して、何とか20作品くらいにしぼって、更に悩んで悩んで5作品を選んでみました。
その後受賞作が発表されて、私がベスト5に上げさせて頂いた作品の内のひとつが大賞になっていたのでちょっと興奮してしまいました。受賞作を予想したという訳でなく、純粋に自分がいいと思ったものを選んだのですが、何かちょっと「当たった!」という気分になったのでした。
また、私めの「猫じやれる」をベスト5にあげて下さった方がいらっしゃって、本当に感激でした。ありがとうございます。


で、「私のベスト5」を送ってから、受賞作発表までの間、てのひら怪談本を読んで過ごしていました。


てのひら怪談てのひら怪談
Amazon | 楽天

第1回〜第4回ビーケーワン怪談大賞傑作選。
800字の怪談が100篇収録されています。
私は単行本を入手しましたが、文庫もあるみたいです。

てのひら怪談2てのひら怪談2
Amazon | 楽天

第5回ビーケーワン怪談大賞傑作選。
てのひら怪談の方は同じ方の作品がいくつか載っていましたが、こちらは百物語風に、ひとり一作、百人の書き手による百作品が収録されています。
これは怪談文学史上かつて例のない企てだそうです。

てのひら怪談 百怪繚乱篇てのひら怪談 百怪繚乱篇
Amazon | 楽天

こちらも第5回ビーケーワン怪談大賞傑作選。第5回だけで本が2冊作れるとは豊作だったんですな。表紙がピンクで綺麗です。
同じ方の作品が続けて収録されているので、好みの書き手さんを見つけやすいかもしれないです。


これがスッススッス読めて結構ハマリます。パソコン起ち上げている間だとか、何か煮たりしている間、はたまた髪を乾かす間など、こまぎれの時間を有効活用できてよいです。
とこんな感じで、この1ヶ月ほど、いろいろな角度から800字怪談をスッカリ満喫しました。
怪談好きな方は、是非てのひら怪談を読んだり書いたりしてみてはいかがでしょう。
私も怪談らしきものが書けたら、また来年も送ってみようかと企んでいます。


また、怪談に限らず、掌編小説が好き、もしくは書くのに自信あり、という方は、下記のサイトもご覧になってみて下さい。
500文字の心臓
超短編マッチ箱
私もいつか送りたいなァと思いつつ早数年……。しかし500文字……。今回初めて800字の怪談に挑戦して、削るのに相当苦労したのでした。それを更に半分近く縮める500文字……ううん、私にはかなりハードルが高いです。でもいつか挑戦してみたいものです。
おすすめ怪談投稿 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)







この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
  
この記事に対するトラックバック
うらなか雑記の「WEB幽投稿怪談」や「2008年夏の思ひ出〜ビーケーワン怪談大賞〜」を読んで下さつた方はご存知かもしれませんが、私は最近掌編小説をぽつぽつ書いてゐます。 で、ただ書いて、今の所それッきり置いてあるといふのも何作かありまして……上記に送るには
歴史的かなづかひのこと | 裏うらなか雑記 | 2008/10/01 12:38 AM


うらなかグッズ取扱サイト




オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes

zazzle   upsold

作って、売って、買って楽しむ。Tシャツ専門ドロップシッピングショッピングモール   Tシャツデザイン&販売 OhYeah!


うらなか書房のおすすめ
B級映画など

ブログテンプレート

参加SNSなど

お気に入りブログ

うらなか書房看板


忍者AdMax

更新情報を表示する
◆うらなか書房作品画像◆
クリックで詳細が表示されます