うらなか雑記


◆創作絵文◆あやしいオリジナル作品販売 うらなか書房の運営サイト
◆創作絵文◆あやしいオリジナル作品販売

チョットあやしいTシャツや雑貨等販売。その他創作・アート関連のリンク集、アートフリマ情報など有。

うらなか書房とは……
あやしげなTシャツや雑貨、本などを作ったり売ったりする個人商店。
販売、展示、制作など、何か私どもが協力できそうなお話がありましたらお気軽にお声をおかけ下さい
(ただ、出展料金がかかるイベントへのお誘いはご遠慮ください)。

お問合せフォーム

この雑記では、うらなか書房の出展イベントのお知らせや、オススメのものなどを書いていくつもりです。

下記サイトでもうらなか書房作品の取り扱いがあります。是非ご覧ください。
      オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes
▼グッズが豊富▼▼Tシャツが豊富▼
Zazzle Tシャツトリニティ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

出展予定 第38回 美術の祭典「東京展」

第38回 美術の祭典「東京展」に堤花代が絵を2点出品させて頂きます。

「蛇性」という絵と、
蛇性

もう1点、新作です。
今はの際に目玉集めのあやかしを見るの図
こんな感じです(一部分です)。
「今はの際に目玉集めのあやかしを見るの図」という絵です。


開催期日
2012年9月9日(日)〜9月16日(日)

開催会場
東京都上野公園・東京都美術館
〒110-0007
東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921
FAX 03-3823-6920

JR「上野駅」公園口より徒歩7分
または東京メトロ・京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください。
但し、身障者用の車の場合は事前にご連絡ください。

開館時間
午前9時30分から午後5時30分(入場は午後5時まで)
展覧会最終日は下記のとおり終了時刻が変更になっております。
9月16日(日):13時30分まで

入場料
一般 800円
学生は無料。
70歳以上は無料。
身障者と付添(1名迄)は無料。

招待ハガキで2名様まで入場できます。
ご希望の方は
お問合せフォーム
よりお知らせ下さい。



「東京展」は、1975年に表現の自由と発表の自由を求め、決して権威主義に屈することのない創造の場をめざして結成いたしました。
作品のジャンルは、平面(具象、非具象)・立体・版画・イラスト・写真絵本等広範囲におよび、壁面の使用は号数の制限・点数の制限をはずし、作家の意思を最大限に尊重してきております。


東京展トップページより



4年ほど前から出展させて頂いている「東京展」です。
しかし去年、おととしと東京都美術館が改装をしていたため、東京都美術館で展示をさせて頂くのは今年で2回目になります。
公共性の高そうな会場で、ほのかに物騒な絵を展示して頂けるのは、嬉しいような申し訳ないような甘酸っぱい心持ちです。
お時間ございましたら足をお運び頂けますと幸いです。
出展予定のイベント | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

出展予定「Girls Illust Exhibition #16 at Japanism Art!」

私こと堤花代が「Girls Illust Exhibition #16 at Japanism Art!」というイベントに出展させて頂く予定です。初出展のイベントです。

-----------------------------------------------------------------

Girls Illust Exhibition #16 at Japanism Art! DM■会場
The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT1
東京都新宿区大京町12-9

■開催期間
2012年1月24日(火)-1月29日(日)
11:00-20:00 最終日は18:00まで
パーティ 1月28日(土) 17:00-19:30

■入場料
無料

■webサイト
Girls Illust Exhibition

-----------------------------------------------------------------

行水日和和風がテーマのイベントということで、私めは「行水日和」という絵の原画などを飾らせて頂こうと思っております。
その他ポストカード、A4絵の販売も行う予定です。
お時間ありましたら是非ご覧下さいませ。




Girls Illust Exhibition #16 at Japanism Art! うらなか書房展示風景終了しました。

ご覧頂きました方々、誠にありがとうございました。


出展予定のイベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

出展予定「横浜奇想サーカス2」について

【日程】2011/10/22(土)〜2011/10/28(金)

【時間】15:00 - 22:00 / 最終日は19:00まで

【料金】入場無料

オープニングパーティー:初日22日午後6時より8時(軽食付500円ドリンク別)オープニングパーティー参加の方で、ハロウィンコスチュームでいらっしゃった方には、ワイン(グラス)1杯サービス

【会場】artmania cafe gallery yokohama
所在地 : 〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-122
Tel / Fax : 045-514-3980

【展覧会概要】
摩訶不思議で、見た人があっと驚く作品と怪しげな世界観を持ったアーティストが大集結!
奇妙・不思議・奇想天外な世界を、ぜひ横浜に体感しに来てください!

展示作品 :アクセサリー・服・靴・インスタレーション・イラスト・オブジェ・雑貨・バッグ等



artmania cafe gallery yokohamaについて

横浜、野毛にある、既存のギャラリーのスタイルではない古い家屋の形状を活かした、小さなアート空間です……とサイト説明にある通り、ホントに民家の形状でした!
しかししみったれた感じは微塵もなく、知る人ぞ知るといった隠れ家的な雰囲気の、一本裏道に入った場所にある瀟洒なカフェギャラリーです。
そして何と、このギャラリーは3階建てで、その階段を上るのが私的にかなり楽しかったです。言っちゃっちゃあ、かなり狭く、暗い、急な階段であるのですが、それが何だか屋根裏部屋に上っていっているかのようなワクワク感を起こさせてくれるのです。
そして何と言っても、夜10時までオープンしてくれているのが宵っ張りには嬉しいポイントです。



うらなか書房の展示内容など

新作の絵の一部
新作の絵の一部です

新作の絵を飾らせて頂く予定です。間に合わせるべく現在一所懸命制作しています。
それと久しぶりにグッズなどを販売させて頂く予定です。

在廊予定はまだはっきりわからないのですが、土日、最終日の金曜あたりはうろうろしている可能性が高いです。
初日オープニングパーティには出席させて頂く予定です。



全部で8組のアーティストさんが展示をするようです。どんなあやしい作品を拝見できるのか私自身も楽しみです。
皆様もハーブティー的なものを飲みながら、怪奇・奇妙な絵画などをのんびりと鑑賞なさってみてはいかがでしょうか。
もしよろしければ足をお運び下さい。



奇想サーカス2での展示

終了しました。ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました!
展示作品は奇想、怪奇、奇妙、なものばかりでしたが、会場の雰囲気は打って変わって和気あいあいとしていました。ギャラリーのスタッフの方々、出展者さん、ご来場者の皆様、とてもいい方たちばかりで大変楽しいイベントでした。
出展予定のイベント | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

2011年 美術の祭典 「東京展」 −第37回−

2011年 美術の祭典 「東京展」 −第37回−に堤花代が絵を1点出品させて頂きます。

此所が青春(ぢごく)の一丁目

実物はB3(36.4僉51.5)クレセントボードでB2の額に入っています。



開催期日
2011年7月19日(火)〜7月30日(土)

開館時間
午前10時から午後7時

入場料
無料

開催会場
ギャラリーくぼた (本館・別館)
〒104-0031 東京都中央区京橋2-7-11
TEL 03-3563-0005
FAX 03-3563-0009

地下鉄銀座線 京橋駅下車 6番出口 徒歩1分
都営地下鉄浅草線 宝町駅下車 A5出口 徒歩2分
JR東京駅 八重洲南口 徒歩10分

駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください



「東京展」は、1975年に表現の自由と発表の自由を求め、決して権威主義に屈することのない創造の場をめざして結成いたしました。
作品のジャンルは、平面(具象、非具象)・立体・版画・イラスト・写真絵本等広範囲におよび、壁面の使用は号数の制限・点数の制限をはずし、作家の意思を最大限に尊重してきております。


東京展トップページより



昨年に引き続き東京展に出品させて頂く予定です。
お近くにお越しの際にはよかったらお立寄り下さい。
出展予定のイベント | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

[ファム・ファタール]運命の女 〜第42回日本出版美術家連盟展〜

[ファム・ファタール]運命の女 〜第42回日本出版美術家連盟展〜に堤花代が絵を1点出品させて頂きます。

薔薇鎖

実物はA3(29.7僉42)の額に入っています。



開催期日
2011年7月4日(月)〜7月9日(土)

開館時間
午前11時から午後7時(最終日は午後4時まで)

入場料
無料

開催会場
Salon de G(サロン・ド・ジー)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-6 646ビル 9F
TEL 03-3571-5837
FAX 03-3571-5834

地下鉄銀座線C2出口より徒歩3分。
JR有楽町銀座口より徒歩5分。

駐車場はございません。
お車でのご利用は西銀座駐車場(地下)、またはお近くの駐車場をご利用ください。



日本出版美術家連盟発足は昭和23年に上野桜亭にて挿絵画家有志が集い、催された。

…中略…

席上、初代理事長に岩田専太郎が就任。団体名も出版美術家連盟と命名。
昭和25年、第1回総会が上野韻松亭で行われ、いよいよ本格的な活動がはじまった。


第39回日本出版美術家連盟図録より



江戸川乱歩などの挿絵を描いていた岩田専太郎などが発足したという日本出版美術家連盟。このような由緒正しき団体の展覧会に私めのようなものが絵を出品させてもらっていいのだろうかという気がするのですが、小宮山逢邦さんにご紹介頂きまして、出品させて頂けることに相成りました。

小宮山逢邦さんは私の大好きな「切り絵のエロス」

amazon | 楽天
切り絵のエロスの作者さんです。この「うらなか雑記」で「切り絵のエロス」をオススメさせて頂いていることなどがご縁になり、今回このような運びとなりました。何だか不思議な気分であり、また大変ありがたく、光栄でもあります。

小宮山逢邦さんの美しい切り絵がご覧頂け、また、展覧会のテーマも「[ファム・ファタール]運命の女」とちょっと謎めいていて興味深いです。もしよかったら第42回日本出版美術家連盟展に足をお運び下さい。
出展予定のイベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2010年 美術の祭典 「東京展」 −第36回−

2010年 美術の祭典 「東京展」 −第36回−に堤花代が絵を1点出品させて頂きます。

行水日和

実物はB3(36.4僉51.5)クレセントボードでB2の額に入っています。
鮮やかな赤の額と紺青のマット紙のコントラストのおかげで1.5割増くらいの見栄えになっているかと思われます。



開催期日
2010年7月6日(火)〜7月17日(土) 会期中無休

開館時間
午前10時から午後7時

入場料
無料

開催会場
ギャラリーくぼた (本館・別館)
〒104-0031 東京都中央区京橋2-7-11
TEL 03-3563-0005
FAX 03-3563-0009

地下鉄銀座線 京橋駅下車 6番出口 徒歩1分
都営地下鉄浅草線 宝町駅下車 A5出口 徒歩2分
JR東京駅 八重洲南口 徒歩10分

駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください

会期中のイベント
2010年7月11日(日) 作品講評会 午後1時から3時
コメンテーター 赤津侃氏(美術評論家)



「東京展」は、1975年に表現の自由と発表の自由を求め、決して権威主義に屈することのない創造の場をめざして結成いたしました。
作品のジャンルは、平面(具象、非具象)・立体・版画・イラスト・写真絵本等広範囲におよび、壁面の使用は号数の制限・点数の制限をはずし、作家の意思を最大限に尊重してきております。


東京展トップページより



昨年に引き続き東京展に出品させて頂く予定です。
昨年と会場が違いますのでご注意下さい(東京都美術館は現在改修工事の真っ最中らしいです)。
都美術館では入場料がありましたが、今年は入場無料とのこと。
開館時間も夜7時までというのがよいですね。ヨイッパリの方にはもってこいです。
よかったら見に行ってみて下さい。
出展予定のイベント | permalink | comments(15) | trackbacks(0)

ドラマティックな絵画展 大和市

神奈川県大和市で行われる「ドラマティックな絵画展」で堤花代が絵を展示させて頂く予定です。


ドラマティックな絵画展

【日時】
2009年11月21日(土)〜11月23日(月・祝) 午前10時〜午後8時まで

【会場】
イオンモール大和 3F イオンホール

【入場料】
無料

堤花代ポスカ45【開催イベントプログラム】
及川正通イラスト絵画教室
 11月23日(月曜祝日)
 午後1時〜午後3時

高部哲也(スペースアート)
 徳富喜翔(マインドアート) アート展
●絵画コンテスト公募作品の展示と審査会
●コンテスト入選作・表彰式
●体験・体感アート「小型プラネタリウム
 を作っちゃおう!」
    
●大和市市制50周年記念映画
 「わが街・やまと」上映と展示

↑私はこの絵のA3サイズを展示してもらう予定です


「ドラマティックな絵画展」チラシ大和市に引っ越してきて間もない頃に、近所のお弁当屋さんのガラスに「ドラマティックな絵画展」の作品募集チラシが貼ってあるのを見つけたのでした。市が後援しているとのことなので、お子様向けなのかな……と思いつつも立ち止まってじっくり見てみると、参加アーティストのお二方の絵が載っていて、これがとても素敵でした。
「ドラマティックな絵画展」というネーミングも何かカッチョイイし……ってことで、1次審査に送ってみることにしました。で、とりあえず飾って頂けることになりました。

最終日に一般来場者と審査員の投票によりコンテストのグランプリが決定されるらしいのですが、これにはそんなに期待してないです……あわよくば、という気がないでもないですが……しかし一般来場者の投票となると友達多い人が有利でしょうからなァ。私は引っ越してきて間もないので大和市に友達がいない……というか大和市に限らずとも友人は数える程しかおりませんが……。
まァ何はともあれ、飾って頂けるだけで御の字なのであります。

審査員は及川正通さんで、「ぴあ」の表紙で有名な方です。天井桟敷のポスターも何枚か描かれています。会期中は及川さんの作品も展示されるみたいなので拝見できるのが楽しみです。
お近くに住んでらっしゃる方はもしよかったら見に行ってみて下さい。
出展予定のイベント | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

シュールdeエロビューティー展 北千住「おじゃら画廊」にて

北千住「おじゃら画廊」が主催する「シュールdeエロビューティー」という展示に堤花代が参加させてもらっています
 

堤花代ポスカ42 シュールdeエロビューティー展

【会場】北千住おじゃら画廊
【日時】2009年11月1日(日)〜
     2009年11月22日(日)まで
         月・火・水 休廊
    12:00〜18:00
【備考】同時開催
    エロ・グロ・ナンセンス展

↑私めはこの絵のA3サイズを展示してもらっています。
 
「シュールdeエロビューティー」展とは、その名の通りシュールで美しいエロ作品を対象とした公募展です。何ちゅうピンポイントな……! と発見した時は魂消ました。
詳細ページを見ると、審査員の方が仰っていることが、正に私がそうありたいと考えている方向性とぴったりだったので(気持ち悪い方向や、サディスティックな方向に流れるのではなく……や、基本的に直接表現は受け付けません……や、技術ではなく情念を表現……などいう点)、こりゃ送るしかないってんで張り切って応募しました。
で予定では10月末に一次審査の発表……とのことだったのですが、連絡がなかったので「こりゃ落ちたな」とガッカリしていた所、11月に入ってからメールが来たので小躍りしました(ちなみにその日は私めの誕生日でした……って全然関係ないっちゃないですが、喜びもヒトシオでした)。
自分が目指すジャンルの展示に参加させてもらえて、とても嬉しく、光栄であります。
また、同時開催しているのが「エロ・グロ・ナンセンス展」であるというのもすごいです。
ご興味ある方はもしよかったら足をお運び下さい。
私は最終日に伺おうと思っているのですが、他の方のエログロやエロ美しい作品を拝見できるのが今から楽しみです。
出展予定のイベント | permalink | comments(8) | trackbacks(1)

2009年 美術の祭典 「東京展」 −第35回−

2009年 美術の祭典 「東京展」 −第35回−に堤花代が絵を2点出品させて頂きます。

これと、もう1点、新作です。
目玉も生える三日月の夜
蛭と乙女と林檎と窓と
こんな感じです(一部分です)。



開催期日
2009年9月18日(金)〜10月3日(土) 休館日 9月28日(月)

開催会場
東京都上野公園・東京都美術館
〒110-0007
東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921
FAX 03-3823-6920

JR「上野駅」公園口より徒歩7分
または東京メトロ・京成電鉄「上野駅」より徒歩10分
駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください。
但し、身障者用の車の場合は事前にご連絡ください。

開館時間
午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)
展覧会最終日は下記のとおり終了時刻が変更になっております。
10月3日(土):13時まで

入場料
一般 800円(600円)
大・高校生 600円 (400円)
中・小学生 400円(300円)
( )内は団体料金。団体は20名以上
身障者と付添(1名迄)は無料。65歳以上は団体料金と同じ。
9月21日(月)65歳以上入場無料。

このページのクーポン券をプリントアウトしてお持ちいただければ団体料金で4名様までご入場いただけます。

会期中のイベント
●シンポジウム
テーマ 『東京展は何処から来て何処へ行くのか』
2009年9月22日(火・祝) 午後1時30分〜4時ごろまで
開催会場 東京都美術館 講堂(入場無料)
方式 パネルディスカッション
パネラー
安井 収蔵氏 (美術評論家)
笹木 繁男氏 (現代美術資料センター主宰)
笹岡 勇氏 (造形作家)
司会 赤津 侃氏 (美術評論家、元朝日新聞記者)

●映画上映
タイトル 田中正造ドキュメンタリー映画
『赤貧洗うがごとき』 −田中正造と野に叫ぶ人々−
日時 2009年9月20日(日) 午後2時〜3時45分
会場 東京都美術館 講堂(入場無料 全席自由)
URL http://www.sekihin.net



「東京展」は、1975年に表現の自由と発表の自由を求め、決して権威主義に屈することのない創造の場をめざして結成いたしました。
作品のジャンルは、平面(具象、非具象)・立体・版画・イラスト・写真絵本等広範囲におよび、壁面の使用は号数の制限・点数の制限をはずし、作家の意思を最大限に尊重してきております。


東京展トップページより



ひょんなことからいろんな公募団体にリンクしているページに辿り着きまして、そこで「東京展」を見つけたのでした。
他の公募展は、ジャンルだとか大きさだとかが画一的に決められている印象がありましたが(というか、それしか印象がなかった)、その中で「東京展」は異彩を放っていました。決して権威主義に屈することのない……などという文章が書いてあるページは私が見た限り他にはありませんでした。素敵です。スタンスがはっきりしていて、おまけに制作方法だとかサイズはなるたけ問わないというのですから、素晴らしいと思います。出品させて頂けて光栄です。
一風変った、気概のある作品をたくさん見られるのでは、とつい期待してしまいます。ご興味ある方はよかったら見に行ってみて下さい。私も会期中に覗かせて頂こうと思っているので今から楽しみです。
出展予定のイベント | permalink | comments(18) | trackbacks(2)

作品持ち込まナイトコンペ絵画展

【開催日】2007年11月12日(月)〜11月23日(金)
     11月18日(日)休廊
【会 場】新宿御苑前 andZONE Gallery
【時 間】平日:11時〜19時
     金曜:11時〜21時

うらなか書房はA3絵3点を展示させてもらう予定です。
堤花代ポスカの39、31、それと未掲載の絵1点です。
もしよかったら見に行ってみて下さい。
出展予定のイベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)









うらなかグッズ取扱サイト




オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes

zazzle   upsold

作って、売って、買って楽しむ。Tシャツ専門ドロップシッピングショッピングモール   Tシャツデザイン&販売 OhYeah!


うらなか書房のおすすめ
B級映画など

ブログテンプレート

参加SNSなど

お気に入りブログ

うらなか書房看板


忍者AdMax

更新情報を表示する
◆うらなか書房作品画像◆
クリックで詳細が表示されます